インナーマッスル

今日はインナーマッスルについて話していきたいと思います。

 

皆さんはインナーマッスルって聞いたことありますでしょうか?

最近ようやくメディアでも話題になってきたのですが

身体の深いところにある筋肉(深層筋)のことですね。

 

今回はインナーマッスルの王様と呼ばれる 腸腰筋 に注目して話したいと思います。

腸腰筋とは腸骨筋と大腰筋(小腰筋)の総称で、唯一体幹と下半身を繋ぐ筋肉となります。

腸腰筋は

・姿勢を支える

・骨盤を引き締め、正しい位置でキープする

という作用があるのでバランスのいい身体を手に入れるにはとても重要な筋肉となります。

逆に腸腰筋がうまく使えないと

  • 骨盤が歪みやすくなる
  • 姿勢が悪くなる
  • お尻が垂れる
  • ぽっこりお腹になる
  • 腰痛になりやすくなる
  • つまずきやすくなる
  • お腹の調子が悪くなる
  • 足が攣りやすくなる
  • 足がむくみやすくなる
  • 代謝が下がる

などなど、様々な症状を引き起こします。

ぎっくり腰の原因としてかなり有名な筋肉なので、よくぎっくり腰になる方は弱ってしまっている可能性が高いですね。

なので、しっかりと鍛えていくことが大切なのですが

深部にある筋肉なので自分で鍛えるのはとても難しいです…

筋トレで鍛えようとしても周りの筋肉(腹直筋や大腿直筋)がメインで動いてしまい、しっかりと腸腰筋に効かす事が難しいからです。

なので、簡単に鍛える方法としてはEMSを使う事をオススメいたします。

当院にある楽トレでは20分間横になっているだけで6000回筋収縮運動を行います。

電気で筋肉を動かすのでしっかりと深部まで効かせる事ができ、効率的に腸腰筋を鍛えることが出来るのです。

自分のインナーマッスルは弱っているかも…と不安に思った方はぜひご相談下さい。

相模原矢部接骨院 院長 清水