むちうちとは

相模原 矢部 淵野辺 接骨院 整骨院

こんにちは、相模原矢部接骨院です。
今日は交通事故等でよく発生する
むちうち について話そうと思います。

むちうちとは

むちうちとは、交通事故による衝撃で
首の部分の骨である頚椎(けいつい)が、むちのように強くしなる動きをすることにより
首の部分の筋肉、靭帯、軟部組織、血管、神経などに起こる損傷のことをいいます。

症状としては

頚部の痛み
首が動かない
肩こり
手のしびれ
めまい
耳鳴り
頭痛
吐気
握力低下
などなど…さまざまな症状が引き起こされます。

そして怖いのが
しっかりと治さないと後遺症になりやすい
という点です。

事故直後はあまり痛みを感じなかったから治療をしなかったけど
のちのち痛みが強くなってきて…なんて患者様は多数見てきました。

軽度の交通事故でも楽観視せずに
一度しっかりと検査することをおすすめいたします。

万が一痛みが出てきてしまった場合は
当院ではむちうちやぎっくり腰等の急性症状に特化した治療機器がありますので
ご相談下さい。

 

相模原矢部接骨院 院長 清水

 

矢部駅から徒歩4分、淵野辺駅から徒歩8分
身体の事でお困りでしたらすぐご相談下さい。
ご予約はこちらから↓↓↓