腰痛・ぎっくり腰

急激に発症した腰痛を指し、多くは一週間~二週間程度で自然に回復していきますが、時間経過によって改善が見られない、または下半身に痛みやしびれと言った症状が出現した場合などは椎間板ヘルニアなどの病気が隠れていることがありますので要注意です。

 

– このような症状をお持ちの方は是非とも相模原矢部接骨院にご相談ください –

  • 腰が痛くて自由に動くことができない
  • 腰を少し動かしただけで痛む
  • 長い間腰痛と付き合っている
  • ぎっくり腰になりやすく、なっては治ってを繰り返している

腰痛・ぎっくり腰の原因とは?

腰痛・ぎっくり腰の原因

腰痛の原因のほとんどは、腰自体が悪いのでなはなく、骨盤・背骨の歪みによるものです。骨盤が歪むことで、姿勢のバランスが乱れたり、筋肉のゆがみやねじれが刺激になったりして、腰痛が引き起こされます。

常に腰に負担がかかった状態で生活しているのであれば、いつぎっくり腰を引き起こしても、不思議ではありません。

腰痛・ぎっくり腰を放っておくと

当院にも腰痛に悩む方が多く訪れますが、腰痛を抱えている人はほかにもたくさんいらっしゃると思います。腰痛に悩む方がたくさんいる中で、対処療法をしている方が多い印象を受けます。

腰痛・ぎっくり腰を放っておくと

相模原矢部接骨院を初めて訪れた方も、市販の湿布や塗り薬を使っているという方がほとんどでした。病院に行った方もいらっしゃいますが、検査では異常がなく、同じく湿布や痛み止めの薬を処方されて痛みを和らげていました。

薬を飲んでも、湿布を貼っても、痛みの原因を改善しなければ、腰痛は改善しません。

それだけではなく、腰痛の原因である歪みも徐々に大きくなり、慢性…つまりずっと付き合っていかなければならない腰痛へと発展してしまいます。そうなる前に、根本原因にアプローチするような施術を受けて、腰痛を改善することをおすすめします。

相模原矢部接骨院の腰痛施術とは?

相模原矢部接骨院では、腰痛が慢性化する前に、根本改善を目的とした施術を受けることをおすすめしています。なぜなら、慢性化してしまった腰痛を放っておくと、ぎっくり腰になりやすくなるだけでなく、椎間板ヘルニアやすべり症などの様々な症状を引き起こしてしまうこともあるからです。

相模原矢部接骨院の腰痛施術とは?

そうならないためにも、相模原矢部接骨院でまずカウンセリングや検査を受けていただき、腰痛の原因を見つけだし、改善へとつなげることが重要です。

また、原因が改善されることで、腰痛の再発の要望にもつながります。当院の腰痛施術はリラクゼーションとは違い柔道整復師という国家資格所持者が手技…つまり手を使って腰痛への原因へとアプローチする施術がメインです。

腰痛・ぎっくり腰に関する関連記事