自律神経失調症

腰痛、肩こり、不眠、倦怠感、めまい、胃腸の具合が悪い、手足が冷えるなど主な自律神経失調症の症状も『からだの歪み』から来る場合があります。
リラックスした自然の姿勢で立った状態なのに、身体のバランスが崩れている状態が自律神経失調症を引き起こすことがあります。

歪みを治すと、多くの病状は消えます。

– このような症状をお持ちの方は是非とも相模原矢部接骨院にご相談ください –

  • なんとなく調子が悪く疲れやすい
  • 寝付きが悪く眠りが浅い
  • 精神的な疲れ、ストレス、不安感がある
  • 胃の不快感や吐き気、下痢が続いている
  • 身体の疲れが全然取れない

自律神経失調症とはどのようなものなのか?

自律神経失調症とは、活動神経である交感神経とリラックス神経である副交感神経の2つの自律神経のバランスが崩れてしまい、頭痛や吐き気、めまいなど様々な体の症状が出ている状態を言います。

自律神経失調症

自律神経は心臓や呼吸、胃腸の働きなど、自分の意思でコントロール出来ない体の活動を調節する役割を担っています。

交感神経と副交感神経のバランスが保たれていることで、私達は状況に応じて体を動かすことができ、普段何の支障もなく生活することが出来ています。

自律神経は、私たちが生活する上で大切な働きを担っているため、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうと体がうまく機能しなくなり、身体の不調が起こってくることになります。

身体に不調が起こり病院で様々な検査をしても原因が見当たらなかったり、病気の程度が自分が考えているよりも軽症で検査結果からは症状の状態を上手く説明出来ない場合もあります。
検査で原因が分からないのは、自律神経の働きを正確に見る検査方法がないためや、精神的ストレスなどの検査では推し量れない要素が多いためです。

自律神経失調症の症状とは?

自律神経は体の活動を調節するもののためそのバランスが崩れてしまうと様々な症状が現れます。

自律神経失調症の症状とは?

疲れやすい、めまい、頭痛、耳鳴り、関節の痛み、発汗、肩こりなど症状には個人差があります。

また自律神経のアンバランスに伴って起こしやすい精神症状として、イライラや不安、不眠、集中力低下などです。

自律神経失調症になると様々な症状が同時に3、4つ現れたり急に消えたり別の場所に症状が現れたりすることが特徴になります。

自律神経失調症の原因とは?

自律神経失調症の原因とは?

自律神経失調症の原因は多岐に渡ります。
・生活リズムの乱れ
・過度なプレッシャーがかかる
・ストレスに弱い人
・環境の変化
・女性ホルモンの影響などたくさんあります。

相模原矢部接骨院での施術方法とは?

相模原矢部接骨院では患者様の状態をしっかりと問診をさせてもらいどのような状態なのかを確認させてもらったの後に交感神経と副交感神経の乱れを正常に整えるために鍼灸治療を行います。

相模原矢部接骨院での施術方法とは?

または体のバランスや骨盤の乱れが起きてしまっている場合でも自律神経が乱れることになるため骨盤の調整もさせてもらいます。

鍼灸治療や骨盤矯正など様々な角度から自律神経を正常な状態に持っていくことを目指し行っています。